« 通院バッグ♪ | トップページ | 痛風の疑い ~投薬2日目~ »

2006年9月28日 (木)

痛風の疑い ~投薬1日目~

モモがこのところよく右足を持ち上げるので昨日病院に行って来ました。診断の結果、痛風の疑い・・・・・。正直とてもショックで目の前が暗くなりました。左の足の指にタコができた時も持ち上げていたので、今回も右足の平にできたタコのせいだろうとそんなに深刻には考えていませんでした。タコが出来やすいコは将来痛風になる可能性があることは知っていました。なので、白い尿酸の塊ができていないか、足は常に注意して見ていたのですがタコと重なってしまったことが落とし穴だったようです。幸いまだ尿酸の塊らしきものは現れていなく、もしかすると小さな傷から菌が入ったただの水ぶくれの可能性もあるとのことですが、痛風は早めの投薬が効果的だそうなので、治療を開始することになりました。

昨夜、インターネットで痛風になってしまったインコちゃんの闘病記を読み、涙が出ました。尿酸で足がぼこぼこになっても最後まで頑張っていたそうです。痛風にも2種類あって、内臓に尿酸が溜まるタイプ、外に出てくるタイプとあり、外に出てくるタイプであれば治療ができるそうです。昨日読んだインコちゃんの場合は内臓に溜まっていて、最後に外に出てきて数日で亡くなってしまったようでした。

私は極度の心配性なので「今既に内臓に尿酸が溜まっている可能性があるか?」質問してみたところ、検尿で蛋白に異常はないし、極度の飲水過多でもないし、内臓の方は大丈夫であろうとのことでした。7才過ぎるとなかなか完治は難しいそうですが、若ければ結構完治するコもいるそうです。

という訳で、まずは5日間の投薬、その後足の腫れが引いたらそのまま残りの薬を続け、引かなければ抗生物質投与になるそうです。一日たった今でもややまだ頭が混乱してますが、明るい材料も沢山ある!!まずはしっかり5日間薬を飲ませることに専念しようと思います。当の本人はまたもや私の心配なんてどこ吹く風。今日は右足をかばう様子は殆どみられず、とても元気です。。

060928  手前の白いのが痛風の薬で

  リンデロンは朝晩足に塗ります。

  2~3ccの水に痛風の薬を8滴

  溶かしてちょこちょこ飲ませます。                                          

                                  

0609282_1   

  カゴ掃除の時はキャリーの中で待機

  することになりました。

|

« 通院バッグ♪ | トップページ | 痛風の疑い ~投薬2日目~ »

コメント

みーさん、こんにちは(^-^)
モモちゃん、病院行って来たんですね。おつかれさまです♪
投薬開始なんですね。
私もニコが病気した時、ネットでいろいろ見ていて
悪いことを考えてしまって、胸が苦しくなったことあります。。。
病気の時じゃなくても普段でも、涙がこぼれちゃうことあったし(^-^;)
お気持ちはすごくわかりますよー。
でもみーさん、心配しすぎずモモちゃんと前向きにがんばってね!
ほら!モモちゃんなんてどこ吹く風~♪なんですから(^-^)
モモちゃんを見ているとやっぱり若さを感じるし、
いつもいきいきとしてますよ! だから大丈夫!!
まだ痛風と決まったわけじゃないんだし、
私も無事に投薬が終了することをお祈りしていますo(^-^)o

投稿: ミーチ | 2006年9月29日 (金) 11時45分

ミーチさんへ

優しいお言葉に涙がでました・・(感謝!!)正直とても凹んでいますが、まずはしっかりとモモの体の中に薬を入れることだけ考えて頑張るしかないですよね。足を挙げている時間は少ないのですが、まったりしてる時間に時々挙げているので、やはり痛いのでしょうね・・。鳥は痛覚が鈍いからすごく痛い訳ではなくて、ジンジンするくらいなのではないかと言っていましたが、可哀相で出来ることなら代わってあげたいです。。
ニコちゃんもそういえば前に投薬してたことありましたよね。私も日頃からモモじゃなくても苦しんでる小鳥さんの話を聞くだけでよく涙します☆もっと強くならなくてはいけませんね。。
まだ足の腫れは引かないけど、5日後によい報告ができるように頑張りますね!モモは今日も人参バクバク食べて至って元気です♪励ましのお言葉、本当にありがとうございました☆

投稿: みー | 2006年9月29日 (金) 14時30分

インコも通風になるとは知りませんでしたよ。ロッキーもときどき左足を上げていて港が「足を上げるのはあまりよくないんだ」といってましたが、ごくたまにでしたのであまり気にしませんでした。港は小学校のとき「飼育委員」とやらでセキセイやウサギの面倒を見たので、図書館で本を読んだのだそうです。
ノコちゃんの話では動物が最後までがんばるのは、弱っていると見られると他の動物に襲われるからだそうです。ロッキーも止まり木に止まれなくなって下でうずくまっていたのに手を出したらすぐに乗ってきた。きっとムリしてたんだろうね。
モモお大事にね。

投稿: ロッキーママ | 2006年9月30日 (土) 11時21分

ロッキーママさんへ

そう、ノコちゃんの言う通り、例え信頼している飼い主にさえ、なかなか弱いところは見せないそうです。特に小鳥は自然界では常に補食される側だからね。
極たまになら健康なコでも足を挙げることはあるそうです。今回はやはり頻繁だったしその様子からいつもと違う!ものを感じました。先生が言うにはこの“いつもと違う”という感のようなものがとても大事だそうです。
セキセイインコは痛風になるコ多いのですけど、まさか元気いっぱいのモモが・・・とショックでした。若ければ完治も可能だし完治しなくても薬を飲み続けていれば大丈夫と言っていましたが、もし内臓にも尿酸が溜まっていて末期だったら・・・と考えると恐怖に襲われます。心配性なのは母親似かしらね。。

投稿: みー | 2006年9月30日 (土) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 通院バッグ♪ | トップページ | 痛風の疑い ~投薬2日目~ »