« にんじん買っちゃった! | トップページ | ヒーター設置 »

2006年10月15日 (日)

モモのお気に入り♪

この写真の鈴はモモがうちに来た時から使っているもの。とっても気に入ってくれています☆元々は今は亡き祖母からもらったキーホルダーでした。なにぶんモモは突然うちに来ることになったため、餌もケージもおもちゃも何も用意してない状態・・。しかもその日はもう夕方で遠くまで買い物に行くことができず、餌はかろうじてスーパーにあったもののケージは百均の物入れ、取り敢えず手近にあったこの鈴を入れてあげたのでした。この小槌型の鈴の中には小さな神様(の形をしたもの)が入っているそうです。確か祖母がそう言ってました。モモは神様をつつき回し時には足を掛け、またある時には吐き戻した餌をあげています(^^)この鈴は毎日水洗いしているのですが、鈴を見るたびに、私が小鳥好きになるきっかけを作ってくれたのは祖母だったなぁ・・とあの日のことを懐かしく思い出すのでありました。。

私が小さかった頃、祖母の家ではセキセイインコを飼っていました。手乗りではありませんでしたがその可愛らしさにすっかり心を奪われたことはよく覚えています。なんて可愛いのだろう。。かわいいねー♪かわいいねー♪と、いつまでもそのコを眺めていた記憶があります。そして、私が確か小学校2年生になった時、祖母は2羽のノーマルグリーンのセキセイインコを私にプレゼントしてくれました。アーチ型のケージの持ち手のところにはピンクのリボンがついていました。それはもう嬉しくて嬉しくて小躍りせんばかりでした。手乗りではなかったので一緒に遊ぶことはできなかったけど、ピピとピーコと言う名前を付けて、お世話をするのが楽しくて楽しくて仕方がなかったことをよく覚えています。しかし残念なことにそのコ達はある日突然★になってしまいました。悲しくて悲しくて泣きました・・・。でも今思い出すと基本的なお世話しかしていなかったので、ピピとピーコには申し訳ない気持ちでいっぱいになります。ピピ&ピーコ本当にごめんね。どうして★になってしまったかも分からなかったけど、君たちのこと今でも忘れてないよ。これからも絶対に忘れないからね。

そして今改めて、小鳥と共に暮らす楽しさを教えてくれた祖母に感謝の気持ちでいっぱいです。生涯いつもそばに小鳥がいた訳ではないけれど、モモと偶然の出会いをしても何の躊躇もなくお迎えできたのは祖母のおかげだと思っています。今の子供達は生き物を慈しむ気持ちが乏しいと言うけれど、小さい頃に生き物とふれあいそのぬくもりを肌で感じる機会がありさえすれば、自然に小さいもの弱いものをいたわる気持ちは養われるのではないかと思います。。

061015 

  紐の部分はモモに激しくつつかれ

 とっくに壊れてしまいました☆

|

« にんじん買っちゃった! | トップページ | ヒーター設置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« にんじん買っちゃった! | トップページ | ヒーター設置 »