« 投薬風景 | トップページ | ペレットの悩み »

2006年10月 9日 (月)

にんじん大好き☆

痛風は野菜いっぱい摂った方がよいそうなので、毎日にんじんバリバリ食べてます☆にんじん大好きなので今までも一日おきくらいに食べてましたが今は毎日!でも食べ過ぎてはいけないので、向こうが透けて見えるくらいうす~く切って与えています。(1年以上前ですがにんじん食べ過ぎて吐いた経験あり)

小鳥に限らず動物はみんなそうかもしれませんが、カンがとてもよいことにビックリすることありませんか?モモはリビングに居るのですが、モモの位置からは見えないであろう対面式キッチンのこちら側で私がにんじんを切っていると、嬉しそうに鳴き始めます。冷蔵庫からにんじんを出したのが見えた?にんじん食べようねって言った私の言葉に反応?それともいつももらえる時間帯になったから?どうしてもうすぐにんじんがもらえるって分かったのだろう??と毎度不思議に思います・・。

明日は病院に行く日。未だ右足の腫れは引いてくれません。くるぶしの結節になりかけも、まだはっきりとした結節にはなっていません。完全な結節になってしまえばは4~5日で自然に落ちるそうなので、いっそのこと早く結節になって欲しいです。長く痛みが続くのは可哀相で可哀相で・・・。本当に憎い病気!こんなに可愛くて一生懸命生きてるコがどうして苦しまなきゃいけないのか・・。モモちゃん、絶対治してあげるからね。。。

061009

  

  美味しいかい?

  早く痛みが取れますように☆

|

« 投薬風景 | トップページ | ペレットの悩み »

コメント

みーさん、こんにちは。モモちゃんが痛風だなんて・・・かわいそうに。モモちゃんの事で大変な時に、うちのたまちゃんに励ましのコメントをありがとうございました。インコってよく痛風になるんですよね。少し年齢がいくとよく聞きます。なかなか厄介な病気だと思いますが、飼い主さんの愛情で少しでもラクにしてあげられると思います。痛風にはタンポポや大麦草やハコベが良いようですよ。食べたからといって治る!ということはないかもしれないけど、多少の緩和に役立つかもしれないと思い、書き込みさせていただきます。痛風に限らず、数ある野菜の中でもインコの栄養のためには抜群のものですから、是非食べさせてあげてくださいね。早くよくなりますように。

投稿: ピーのママ@携帯 | 2006年10月10日 (火) 17時04分

ピーのママさんへ

こちらこそ、励ましのお言葉ありがとうございます。今はたまちゃん&ピーのママさんもモモ&私も辛い時ですが、病気を克服して元気になった姿を想像しつつ、気持ちを強く持って頑張りましょうね!!
『ハコベのちいさな世界』前にも読ませていただきましたが改めて読ませていただきました。勿論今すぐにでも種を購入したい!!!と思ったのですが、私は英語がさっぱり???なのでTOEIC高得点が自慢の主人にHPを見てもらおうと思います。ガーデニングの経験が殆どない私なので、育てられるかな??と不安もありますが、モモのためならどうにかやってみようと思います。
教えていただき、ありがとうございました。。

投稿: みー | 2006年10月10日 (火) 23時30分

飼い鳥は結構鋭く好みがうるさいようです。ロッキーはレタスも好きでしたが、サプリのグリ-ンボレーが大好きでした。切子ガラスの盃に入れて、「グリーンボレー食べる?」というとすべてを放って駆けつけてきました。親指に止まらせて持っていると大喜びでたべていました。
ある時ノコちゃんがまねをしたら一口食べてやめちゃった。「あれ、嫌いになっちゃったのかな」とぶつぶついってるので覗いて見たらどうも変。グリーンボレーじゃなくて、乾燥パセリだった!
同じジェノベーゼの空き瓶に入っていたのだけど,ふたに書いておいた字を見なかったのね。
今でもその切子の盃を見ると思い出します。

投稿: ロッキーママ | 2006年10月11日 (水) 00時44分

ロッキーママさんへ

あらら!ロッキーちゃんは切子ガラスの盃を愛用してたのですかぁ?粋ですね~☆
ウーン・・乾燥パセリは確かに似てるかも(^^)
その気持ちよく分かります。悲しいような懐かしいような、きっと何年経っても忘れないよね。私も子供の頃飼ってた小鳥たちのこと、忘れられないです。気軽に写真を撮れるデジカメ時代の今と違ってあまり写真が残ってないのが残念。でも瞼を閉じると可愛い姿、鳴き声がよみがえってくるようです。
私のロッキーちゃんの思い出は、飛びながらウチの母の眼鏡のレンズにウン○を飛ばしたことかな(笑)。

投稿: みー | 2006年10月11日 (水) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 投薬風景 | トップページ | ペレットの悩み »