« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月30日 (木)

宝物の絵本

Photo

絵本を買った。一冊はペットロスの最中にいた頃買った『いつでも会える』。ペットロスに陥った人が読むお勧めの一冊として有名だ。内容は可愛がってくれていた飼い主を失った“シロ”が悲しみを乗り越えて“目をつぶればいつでも会える。瞼の裏でぼくらは変わらない”と悟るまでのお話。モモと自分に置き換えて何度も涙した。シロのように、目をつぶればいつでもモモと会えて楽しかった日々を思い出す・・・というところまではまだ行き着いていないが、私もそのように感じるようになりたいと思う。そしてもう一冊の『インコの手紙』は最近CAPさんで買ったもの。飼い主を好きでなかったインコちゃんが自分が亡くなる時に飼い主が流した涙を見て、自分は愛されていた、自分も愛していた、あなたが好きです!と手紙で語るお話。すごく短い話だし、インコちゃんを存分に可愛がってあげなかった飼い主に反発も感じるけど、動物は健気に飼い主のことが好きで好きでたまらないのだと涙した。モモは死んでゆく時、ぼやけた視界の中で何を想っただろう。楽しかったよ!幸せだったよ!あなたが好きです!って想ってくれただろうか。2冊とも短い文章と少ない絵でこれだけ伝えられるのはすばらしい。私にとって宝物の絵本。

| | コメント (0)

2007年8月26日 (日)

スナフキン×2

お友達のミーチさんから素敵なプレゼントをいただきました♪♪

Photo

キラキラしててとっても綺麗な四葉のクローバーのカードスタンドに小鳥さんのウッドオブジェ。そして、なななんとーっ!!スナフキンのマグカップではありませんかー!!スナフキンのスプーンまで付いています♪四葉のクローバーはモモ色だし、ウッドオブジェの大小二羽の小鳥さんはモモとスナフキンを連想します。スナフキン&ミーの組み合わせのカップなんてなかなかないし、これらを選んでくれたお心遣いがとっても嬉しいです☆ミーチさん、ほんとうにありがとうございます♪♪とってもとっても嬉しいです。。。

カップの裏側には“ミー”がいるぅ~。憎たらしい顔してるわぁ(笑)。

Photo_2

スナフキン同士のツーショット☆オカメのスナフキンはちょっと腰が引けています。

Photo_3

オカメのスナフキンは勿論この「ムーミン谷物語」の中のスナフキンから命名したもの。妹のルチノーちゃんが“ノンノン”だったからだけど(^^)そして私は“みー”。あとは将来“ムーミン”をお迎えすればバッチリですね(笑)。オカメのスナフキンは見た目は凛としてて、スナフキンの名がふさわしいように見えるのだけど、中身は落ち着きがなく、アニメのスナフキンのイメージとは程遠いかも・・・・・。

| | コメント (2)

2007年8月14日 (火)

アクリルケース

Photo

少し前ですが、アクリルケース買いました!!防寒&冷房よけのためです。ネットオークションに出ていたのはサイズがやや大きかったのでオーダーメイドで作ってもらいました。結構高価な品なので自作することも考えましたが、やっぱり買ってよかった~。観音開きするので出し入れが便利だし、上部も開くので換気もできるし、ここにはもともと換気口の穴が6つ開いています。そして背面の下部2箇所にヒーターのコンセントを通す穴が2箇所。5ミリのアクリル板なのでしっかりしてるし透明感も抜群!!そしてそして、希望者には無料でネームプレートを作成してくれるので、勿論作ってもらいました♪真ん中上に“スナフキン”の文字が見えますか?

スーちゃんの環境はこれでもうバッチリ!と言いたいところですが、やはり蒸れが気になりますね・・・。エアコンを切ると温度はよくても湿度が70%くらいに(^^;インコの理想は50%ですが、かなりキツイです。せめて60%前後を目指してるのですが、24時間エアコンかけっぱなしもどうしたものかと・・・。上を少し開けたり扇風機を回したり試行錯誤してますがなかなか理想通りにはいかないです。それと下の止まり木と上のとまり木で温度差がかなりあるのにビックリ。成鳥になってしまえばそれほど気を遣わなくていいのですが、25度ではちょっと寒いと言われましたので下の止まり木で27~28度に設定するとヒーターがついた時には上は32~34度にもなっています。現在は上に合わせていますが下にいる時も特に寒そうな様子はないので、とりあえず温度はこれでいいのかもしれません。

我が家には熱帯魚のベタもいるので(現在尾腐れ病の治療中)除湿機ガンガン回す訳にもいかず、頭が痛いーー。しばらくは設定を高めにして24時間エアコンで湿度をコントロールしてみようかな。我が家の可愛いコ達のためにも、早くこの暑さが去って欲しいものです(^^;

| | コメント (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »