« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月28日 (金)

かじる、かじる、かじるーー!!

Photo

ズボンの金具を目ざとく見つけてかじる!

Photo_2

敷物のつなぎ目も勿論かじるかじる!!

Photo_3

洋服のタグ発見!当然かじるかじるかじる!!!

スーちゃんは、カジカジ大好き☆オカメインコの特徴なのかしらん?モモはこんなにかじらなかったな。餌を底上げするために牛乳パックの底を利用していたらカジカジカジカジ・・・。糞切り網を使わずに敷き紙を敷いているのでこれもカジカジカジカジ・・・。(今は塩ビ板みたいなものを紙でくるんで敷いているので大丈夫♪)おもちゃの鈴を吊ってある紐もカジカジカジカジ・・・。危険なものは絶対齧らせないように気をつけないとダメですね。カジカジしてる時は目がキラーン☆と輝いています(笑)。悪いことしてるの自分でも分かってるのかなぁ(^^)

| | コメント (2)

2007年9月22日 (土)

ハシゴ登り

Photo

よいしょっと!ハシゴ登りができるようになったスーちゃん。

Photo_2

もう一息、頑張って~

Photo_3

ヤッター!!登れたねー。ちょっと得意顔のスーちゃん♪

昨日よりハシゴ登りができるようになりました。今まで全く興味示してなかったけど、昨日偶然登ったのを褒めちぎったら、得意になって5回連続くらい登っていました(^^)“大げさに褒める”と行動の強化になるということだけど、ほんとだねー。餌を食べることも褒めちぎり作戦で行ってるけど、こちらはどうも効果が低いような・・・。気長に頑張ろうね、スーちゃん。写真が逆光になってしまったのが残念・・・。

| | コメント (0)

2007年9月12日 (水)

たった1gだけど

スナフキンは我が家に来てから未だまともに餌を食べない。最初の危機はお迎えのストレス・・・。鳴いて騒いでばかりで一週間で90gあった体重が10gも減った。これはヤバイと病院・ショップ・ネットの掲示板で相談し、蕎麦や麻の実を沢山あげたりシードは手に乗せてあげたり四苦八苦した結果、体重は98gまでになった。もう大丈夫かな?と、徐々に手からあげるのをやめ自分で食べてもらうように仕向け様子を見る(この頃には手からあげてもさほど食べなくなっていたこともあって)。案の定ジワジワと体重は減ってきた。そしてついに90gで下げ止まる。「ま、元に戻ったということね」とほっとしたのも束の間、2~3日前から食いが悪くなり今日ついに89gになってしまった。今の段階ではたった1gだけど、またジワジワと減ってきてしまったら、、、と考えると気が滅入る。

そもそも、スナフキンはびっくりする程食が細い。ショップではそれなりに食べていたようなので我が家の環境にまだ馴染めていないのかもしれないが、もう2月も経つんだしいい加減慣れてもいい頃ではないか?病気ではないことは確認済だが「今日こそ病気になったのかも・・・」と毎日ドキドキしてしまう。大きな声で呼び鳴きし大騒ぎしている様子を見ると確かに病気には見えないが、それなら何故食べないのだろう?朝は掃除しがてら30~40分ケージから出して遊んであげているし、昼間も1時間程放鳥しそれなりに楽しそうに遊んでいる。勿論ケージにおもちゃも入れているし保温にもかなり気を遣っていると思う。ケージにいる間も傍に行って話しかけている。考えつくことは全てしているつもりなのに、それでも食べない・・・。日中殆ど食べないで夜の7~9時頃、ばばっと食べてそれでおしまいだからそう沢山は食べられない。ギリギリ体重を維持できるか、少し落ちるか・・・。

自分が体重に対して神経質になっていることは分かっている。モモは食べられなくなって痩せ細って死んでいった。どうしてもその時のことがフラッシュバックして、スナフキンの体重が減ってくると悪いことばかり考えてしまう。自然とスナフキンに対して笑顔が向けられなくなり、いたずらばかりしていてマモトに食べてくれないことにに苛々してしまう。正直、オカメインコというものがこんなに大変な鳥だとは思わなかった。呼び鳴きとか噛み癖等の問題行動ならまだいい。命にかかわらないから。餓死するまで食べないことはないらしいが、食べないことによって免疫力がなくなり本当に病気になってしまうことはあるという。何て生存本能のない鳥だろう。セキセイインコでは絶対に考えられない。今誰かに「オカメインコを飼ってみたいんだけど、どう思う?」と聞かれたら、即座に「扱い難い鳥だから止めておいた方がいいよ」と答えるだろう。スナフキンをお迎えしなければよかったということではない。可愛いが故、愛するが故、どうしても心配になってしまって、私はやはり動物を飼うことが向いてないのでは・・・と悩んでいる。もっとおおらかな性格の人間でなければ動物と上手に暮らしていくことはできないのかもしれない。

いつも自分に言い聞かせる。モモは病気だったけど、スナフキンは病気ではない。だからきっと落ち着けば食べてくれる。笑顔、笑顔。モモちゃん、どうかスナフキンを見守っていてね・・・。「オカメインコ、可愛いよ。是非一緒に暮らしてみて!」と言える日が来ることを願うばかりである。

| | コメント (0)

2007年9月 8日 (土)

びわボールで遊ぶ☆

Photo

スナフキンをお迎えして2ヶ月が経ちました。まだまだ我が家の環境に馴染んでるとは言いがたく、こちらも結構神経を使います(^^;

モモの飼育で得た経験がもっと役に立つと思ったのに・・・種類が違うとかなり違うモノですね。はたまた個体差なのか・・・!?何がどう違うかって、一例を挙げてみると

<性格>

ドライなモモとは対照的にとっても甘えん坊♪これは種類の違いかな。ちょっと私が物を取りに離れようものなら、すぐに飛んできて肩に乗ってついてきます。ちなみにモモは私にベッタリでしたがスナフキンは私より旦那が好きです・・・。お世話してるのは私なのにーー。

<食欲>

はっきり言ってスナフキンはとっても少食!!ショップにいた頃はそれなりに食べていたようなので環境にまだ馴染めないせいかもしれませんが。モモは朝ごはん早くくれ~と布の下からアピールしあげるとガッツガッツ食べてくれたのに、スナフキンは朝は積極的に食べようとしません。モモはとりあえず食べてから遊ぶ派でしたがスナフキンは食べるより遊ぶ派のようです。飼い主としてはガッツリ食べてくれるモモに慣れていたのでスナフキンは具合が悪いのでは・・・といささか心配。

<おやつ>

おやつという程ではないけれど、モモは人参&ハコベが大好物でした。亡くなる直前までハコベを見ると嬉しそうに目を輝かせ、沢山食べてくれました。スナフキンは人参は怖いようで最初びびっていましたが、小さくみじん切りにしてあげたら何とかOK、でもいたずらしてるだけで食べてないかも。ハコベもモモほど喜んでないかなぁ。粟穂に興味なしだったモモに対してこちらはスナフキンの方が食いつきよし。

<おもちゃ>

圧倒的にスナフキンの勝ち!!色々買ってあげたおもちゃ、モモには殆ど無視されましたが、スナフキンは破壊王なのでカジカジ系のおもちゃは特に好きです。初めびびっていたおもちゃに対しても2日目からはだいたいOKになってる(^^)

<呼び鳴き>

これはオカメの欠点なんだと思いますが、毎日呼び鳴きされてます・・・。午後になると大人しくなるので一日中じゃないけれど、かなりウルサイです。モモは餌が欲しい時鳴くくらいだったけど、セキセイの声の大きさとは比べ物になりません(^^;

モモは最高可愛かったけど、スナフキンも最高可愛い。長所もあれば欠点もある。全部ひっくるめてそれがモモでそれがスナフキン。私の大事な家族です。写真は今一番お気に入りのおもちゃ“びわボール”を齧って遊んでいるところ。可愛いなぁ~。(←親バカ)

| | コメント (2)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »