« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月24日 (土)

病院へ

スーちゃんの左足上げ、治っていません。今日、病院へ行きました。よーくよーく診てもらいましたが、骨折はしてないし腫れもないそうです。出血した後遺症でちょっと違和感があるのでは?ということで、もう少し様子をみることになりました。治らなければレントゲンを撮ることになるかもです。内臓疾患から来る場合もある(モモのように・・・)ので、血液検査という可能性もあるのですが、内臓疾患的な様子は見られないので、とにかくもう少しよく観察していてくださいと言われました。ひとまず安心だけど、、、モモのことがあるのでやっぱりまだ心配です。いたずらしてる時なんて、痛いとは思えないものすごい足の動きをしてるんだけどねぇ。夕方なんて右の足上げてて、あれれ??

明日は先生が学会のため休診なので、今日は若干混んでいました。やっぱり患者さんはセキセイちゃんが多く、オカメはスーちゃんだけ。「オカメインコ、か~わいいっ♪」って言われましたヨ。そう言えば前回病院行った時も言われたな。ふふん♪♪モモにそっくりなオパーリングリーンの子がいました。よく見せてもらおうと思って近づいたところ、順番が来てしまって残念・・・。あと、ルチノー?(全身黄色で目が赤目)の子がいました。すごく大きな子だったので、私:「ジャンボセキセイですか?」飼い主さん:「普通のセキセイです(笑)」なんてこともありました。何と体重が45gもあるそうな!

自分の鳥が重症じゃない場合は待合室での会話も結構楽しいのだけど、モモの痛風の時はすごく辛かったな。モモが痛風だって勿論知らない患者さん達が「この前ね、痛風だって子がいたよ!びっくりだよね~。ウナギでも食べたんじゃないのぉ。あはははは!!」なんて会話をしている人たちがいました。この人達は痛風が人間の痛風とは原因が全然ちがうってこと、知らなかったのでしょう。人間と同じで“贅沢病”だと思ったのでしょうね・・・。悪気はないのは分かっています。でも、でも、悔しかった。わが子が生死の境をさまよっている時に「あはははは!!」か???ってね。だから、待合室での会話は気をつけなくてはいけないなってこの時思いました。悪気はなくても傷つけてしまうことがある。そう言えば、近くにいても決して会話に入ろうとしない飼い主さんもいる。そういう方の子は重症なのかもしれません。ここは病院、健康診断の子もいれば癌等重症の子も来ているんだってこと、みんなが忘れないでいてくれればいいなー。

何だか話がそれちゃったけど、とりあえずスーちゃんは今日も歌って踊って、元気にしております(^^)

| | コメント (0)

2007年11月21日 (水)

スーちゃんの足

スーちゃんのツメが伸びてきて洋服にひっかかるようになったので、土曜日にツメ切りに行った。かかりつけの病院は都内にあるため我が家からは片道2時間はかかる。モモのようにキャリーの中でもご飯をパクパク食べてくれるような子なら問題ないのだけど、ただでさえ食の細いスナフキンはキャリーの中で食べる筈なんかないし、家に帰ってきてからもしばらくはより食が細くなってしまう。そんな時のために片道1時間程度の県内の病院をチェックしておいた筈なに、、、たまたまこの土日が休診だった。ここの病院は犬猫が主だが鳥もある程度きちんと診れると評判だったので、セカンド病院としてチェックしていたのだ。

気をとり直してここに月曜日に行けばよかった。しかしあの時の私は何を思ったか「ツメ切りくらいなら市内の病院でも大丈夫だろう」と“○○犬・猫・鳥の病院”と看板を掲げている近所の動物病院へスナフキンを連れて行ってしまったのだ。ここは野鳥の保護なんかも積極的にやっているということだったし、何より病院名に“鳥”の文字があるのだから、鳥の扱い慣れている先生がいるのだろうと勝手に思っていた。失敗だった・・・・・。まず、保定ができていなかった。保定ができなきゃツメ切りはまず無理、しかもスーちゃんのツメは黒いので血管が透けて見えない。看護婦さんと二人がかりでスーちゃんを抑えながら先生は大胆にもギロチン型のツメ切りで思いっきり切った。あ、あ、あぁ、、、、!!と思わず叫んだ時には血がかなり出ていた。クイックストップで止血してすぐに止まったはいいが、このまま任せていいのか?今更「もういいです!」とは言い難かったので「軽く先を丸める程度に切ってくれればいいです!」とお願いし、何とか事なきを得た。840円也。一本100円てことね・・・。

噂には聞いていたので、犬猫病院に鳥を連れて行くという考えは毛頭なかったが、ツメ切りくらいはもう少し上手にやってくれるのではと想像していた。かかりつけの病院の先生はいとも簡単にパチンパチンと切り、もともと暴れるタチではないスーちゃんはあっという間に終了する。かくいう私もオカメの保定はできないのでエラそうなことは言えないけどね。ごめんね、スーちゃん。。

そのせいならばいいのだけど、未だにスーちゃんは出血した方の足を持ち上げている。前にオウム病の検査で採血した時も結構長い間片足立ちしていたが、今回の方が何だか痛そうに見える。本当にそのせいならまぁ大したことはないのだろうけど、出血したその日より2日経った月曜あたりから持ち上げていることが多くなったようなのが気がかり。まさかこんなに小さいのに痛風ってことはないのだろうけど、モモのことがあるのでとりわけ足には神経質になってしまうのだ。出血のせいだと分かればそれでいいし、週末or週明けにいつもの病院へ行こうかな。ううっ!!だったら最初から遠くても行けばよかったヨ・・・。スーちゃんは元気で歌って踊って餌も比較的よく食べているけど、120%元気印のいつものスーちゃんよりは何だか大人しいような気がする。急がば廻れ、やはり鳥専門病院が一番だと痛感している今日この頃である。。

| | コメント (2)

2007年11月13日 (火)

嬉しい!楽しい!大好き!

Photo

今週はね、ひーが遅番だから今朝は鈴で遊んでもらったんだ。嬉しいー!

Photo_2

このボールをテーブルの上からポイポイ落とすとね、お世話係のみーが拾ってくれるんだ。楽しいー!

Photo_3

換羽がぼちぼちきてるからね、、、痒い痒い。。毎日みーがこうしてカキカキしてくれるんだよ。みー大好きー!(←と思っているかは疑問)

今朝のスーちゃんです♪だいたいいつもこんな感じで、カジカジ・ポイポイ・カキカキして遊んでいます。スーちゃんと遊んでいると楽しくてあっという間に時間が経ってしまうのよねぇ。おかげで毎日家事がはかどりません(^^;しかし、オカメインコにヒゲがあるとは知らなかったな。。(←2枚目の写真参照)

| | コメント (2)

2007年11月 8日 (木)

☆見つめ合う二人☆

Photo

数日前の写真ですが、見つめあうスーちゃん&ひーです。(←私でないのが残念・・)

スーちゃんは要領がいいので私しかいない時はいかにも“大好きよ~♪”と言わんばかりに擦り寄ってくるくせに、ひーがいる時は100%ひーにベッタリ・・・。♂なのに、おかしいなぁ。初めてペットショップにオカメインコを見に行った時、可愛くアピールしてきたスーちゃんにひーはノックアウトされ「この子以外は考えられない!」と言っていました。私は、、、スーちゃんも可愛かったけどホッペの赤い子への憧れが捨てきれず、一人餌になったばかりの美しいルチノーちゃんと実は迷っていたんだよね・・・。(ちなみにそのルチノーちゃんは数日後にお迎えされてしまいました)ごめんね、スーちゃん。。でも今はスーちゃんが来てくれて本当によかったと思っているのよ。赤いホッペがなくても充分可愛いよ♪ひーはスーちゃんがみーより自分のことが好きなのは、その時のことをしっかり覚えているからだと言います。なわけないだろ~とは思うけど、ちょっぴり悔しいのが本音。ひーの何倍もスーちゃんのこと心配しているのにね。。

しかし、運命とは不思議なものですね。ノーマルちゃんかルチノーちゃんがいいなぁと考えていたのであの時スーちゃんが自らアピールしてこなければ別の子がスーちゃんになっていたかもしれない。スーちゃんのカゴは一番端の一番下の目立たない位置にありました。その隣にいたノーマルちゃんを見るためにかがまなかったら地味な羽色のスーちゃんがそこにいたことすら気が付かなかったかもしれません。こんなによい子とめぐり合うことができたのは、もしかするとモモちゃんが導いてくれたのかしら??

| | コメント (0)

2007年11月 1日 (木)

やっぱり可愛い!ノンノン♪

Photo

パステルフェイスのほっぺの色がちょっぴり濃くなっちゃったけど、、、

Photo_2

V字の冠羽がトレードマークのこの子はだぁれ?

久々登場、ノンノンです♪昨日妹宅へ遊びに行ってきました。。ノンノンに会うのは7月以来でしたが、すっかり大人の顔になって立派なオカメになってましたよー。ノンノンは最近凶暴な噛みつきオカメになってしまったと妹は嘆いていたけれど、なんのなんの!!やっぱり可愛いまんまのノンノンでした♪まぁ、スーちゃんよりはちょっぴり怖がりさんなのでチチチって噛むそぶりはするけれど、別に痛くない&この程度なら噛みつきオカメのレッテルを貼ってしまうのは可哀想じゃないかな?と思うのですが、この日のノンノンは“猫かぶっていた”そうです。でもカキカキさせてくれたし、臭いも嗅がせてくれたし、ミッキーマウスマーチ(世界の味方のヒーローは~♪の部分を上手に口笛吹きます)も歌ってくれました☆ちなみにノンノンはほぼ無臭でスーちゃんの方がずっと脂臭いです(^^;

そして初お留守番のスーちゃんは・・・・・、ガガーン!!!予想通り、一粒も餌を食べてなかったよぉ・・・。予想通りとは言え、ちょっぴり期待してたんだけどな。。食べてないどころか一歩も動いてなかったのでは?というくらいウンPが同じ場所にかたまっていたし、羽繕いさえしていなかった様子。帰宅した後も大して食べずに心配になりましたが、大きな声で歌って踊って、帰ってきたのがそんなに嬉しかったのでしょうかね。甘えん坊病はかなり重症です。。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »