« 経過記録(11月12日~19日) | トップページ | 経過記録(11月20日~26日) »

2008年11月24日 (月)

ごめん・・・

昨日、近所のホームセンターへ買い物に行った。日頃ペットコーナーは見ないことにしているが、WFシナモンパール♀のオカメインコが一羽いるのを見てしまい、とたんに気持ちがブルーになる。

病的にうずくまるまではいってないけど、元気ない。敷紙に溜まった便の尿酸はどこかで見たような黄色。クチバシには伸びてカットしたような形跡が。そう、、、素人目に見てもこれは慢性の肝臓疾患だ。ホームセンターのペットショップが病院へ連れて行ってくれる訳はない。それは仕方がないかもだけど・・・・。

ケージは汚いまでは行ってないまでも、4~5日は糞の掃除はしていない。水入れの角の辺りに苔がついている。止まり木はセキセイインコ用。おもちゃは無し。体調が悪いのもあるだろうけど、「人間なんか嫌い。信じない。」というような顔をしていた。年齢は分からないけど、既に手乗りではない様子。お値段24500円也。

こういった例は山ほどあるしもっともっと劣悪な環境に居る子もいるけれど、やはり実際に見てしまうと辛い。病院には連れて行けないにしろ、もう少し環境を整えてあげることはできないのか?少し離れたところに一人いた恐ろしく若いアルバイトらしき店員は手持ち無沙汰に突っ立っている。「暇なら水入れ洗ってあげてよ!」と言いたい。未開封のオカメ用の止まり木とおもちゃを持って行って「これ、この子に使ってもらえませんか?」と言っても断られるだろう(その店にはオカメ用の止まり木もおもちゃもロクな物が置いてない)。そう、どうにもならないことは最初から分かっている。あの子を少しでも幸せにしてあげたいなら、誰かが(自分が)お迎えするしかないことも。

しかし、今の私にはどう考えても無理。ムーミンだってまだ助からないかもしれないのに、ムーミン以上に重症の子を抱え込むことはできない。感染症のリスクもある。スー&ムーミンに何かあっては本末転倒だ。旦那には勿論大反対されたし。「ごめん・・・ごめんね・・・。」と言ってその場を離れた。

こういうことを考え出したらきりがない。けど自分はお迎えできない。あのような状態の子がお迎えされるとは思えない。と言うかお迎えを真剣に考えるならホームセンターは考えにくい。勿論ホームセンターのペットショップでもきちんとしたところはあるけれど。きちんと管理ができないのなら、生体を扱うのはやめて欲しい。利益だってそう上がるとは思えないし。人間は身勝手だ。あの子を見捨てた自分も同罪?

あのホームセンターに行くことはあまりないけれど、今度行った時にもしあの子がまだいたならば、ダメ元で店員さんに言ってみようか。私ももうオバサン入ってる年齢だし、そういったことをするのに躊躇はない。そう長くないだろうあの子の時間を少しでも快適にしてあげたいと願う気持ち。気持ちだけではどうにもならない現実。

ごめん・・・ごめんね・・・あなたを連れて帰ることができなくて本当にごめんね。それしか言えない自分が歯痒くてなりません。

Dscf0662s_2

記事内容とは全く関係ありませんが、先月近くのコスモス畑にて、ダンナが撮影。最近画像が少なかったので(;´▽`A``

|

« 経過記録(11月12日~19日) | トップページ | 経過記録(11月20日~26日) »

コメント

むーちゃん、元気そうですね。
体重は換羽の時は仕方ないです。
我が家のキキもクリプトのお薬を飲ませた
頃(先月含め)体重が5gも落ちました。
さすがに、下痢や食欲不振になったので
先生に電話したら、投与を中止して下さいとのことでした。
もう、キキに薬を飲ませるのも可哀想で(涙)辛くて仕方ないです。
なんで、こんな虫がお腹に沢山いるのだろう。虫を殺さない限り肝炎を再発するのだろうか…
本当に辛いです。

私の友人達はペットショップが大好きで
小鳥専門店に行きます。
ですが、私個人ではイヤなのです。
必ず、可哀想な仔がいます。
劣悪な環境の店は動物愛護や保健所などに
訴えることができる筈です。
黄色の尿酸…本当に可哀想。

私は今の仔達を飼った時に決めました。
ペットショップには行かないと。
見ると辛いし、病原菌も心配だからです。
不幸な生き物を見るよりも、自分が可愛がってる幸せな仔を見てるほうが幸福感があります。

みーさん、ペットショップへは辛くなるから
行かないほうがいいですよ。
そのオカメの命もあと僅かなんですから。
それを想像するより、訴えれば良いのです。

この世から不幸せな生き物が一匹でも少なくなりますように。

投稿: ぴっころ | 2008年11月27日 (木) 01時49分

ぴっころさん

今晩はmoon1

ムーミン、羽抜けはほぼ終了したようで、今日やっと1gUPしましたhappy01今回はもともとの体重が多かったのでまだよかったですが、換羽と分かっていても減りが多いと心配になりますね・・。スーちゃんはもともとの体重が少ないせいか2gくらいしか減らないし、セキセイインコですが前の子は全く体重に変化がなかったので、ムーミンが10g減った時はビビリましたsweat02

キキちゃん、お薬大変だったのですね。結構強いお薬なのでしょうか。ムーミンもお迎え前検診でヘキサミタ見つかって一週間投薬してもらったんですけど、やはり体重が大幅に減ってしまったんです。その割には虫は落ちませんでしたweep肝炎の引き金になるかもだと心配ですよね。次の投薬で減ってくれることを祈っていますね。体力がついてくれば望みは大いにありますよ!

ホームセンターのオカメちゃん、劣悪とまでは言えず、一般の飼い主さんでもあまり気にしない方ならこのくらいかな?って程度だと思います。私はかなり潔癖症なのでケージは自分が住めるくらいでないとダメなので、ありえませんが・・・。何より可哀想に思ったのが止まり木です。セキセイ用の細いのだったのですごく止まりにくそうにしていました。お店に売っていればその場で買って「これを使ってあげていただけませんか?」と言えたのですが・・・。あの子だって初めはご飯をねだり人間に甘えていたはず。誰かに愛され誰かを愛し、ともに幸せになるために生まれてきた筈なのに。あの子の人生諦めたような顔を見てとても辛かったです。WFだったので、うちの子たちと重なってしまって・・・。

自分の無力さが嫌になりました。でも今はムーミンを救うこと。まずはそのことに集中したいと思います。世界中の鳥達が幸せになれる未来がくることをただただ願ってやみませんclover

投稿: みー | 2008年11月27日 (木) 20時03分

そうですね…。
読んでいて泣けてきました。
私がオカメを飼ったのは、今から20年前に
なりますかね、母が白血病で亡くなった知り合いの方から預かった仔でした。
名前はピー子。メスのルチノーでした。

母が脳溢血で入院して、面倒見る人が居なかったので私と妹で預かりました。
可哀想に、真冬も寒い玄関で飼われ、嘴がのび過ぎて喉に刺さってました。
むき餌で栄養状態も悪く痩せてました。

近所に腕の良い獣医さんが居て、鳥に詳しい女医さんに飼い方の指導や嘴のケアをしてもらいました。
それから、ぴー子は体重も増え元気になりました。
人間不信の仔だったのですが、年齢も分かりませんが恐らく10歳は過ぎていたと思われます。

手乗り崩れのぴー子をある日ケージを扉を開けて箱で作った階段を置いてみました。
見事に私の足から肩の上まで来て一生懸命に
楊枝で遊んでました。
妹と二人で感激しましたよ。
手乗りだったんだね!って。
そして、一週間後の朝にケージの下に蹲っているぴー子を急いで病院へ…
衰弱していたんです。
老衰かもしれない。
私達に看取られながら旅立ちました。
大きなあくびをして…。

それから1月もしないうちに妹がオカメの雛を買ってきました。
妹にしか懐かない仔で、しかも病気持ち。
獣医さんには、最期はこの病気で死にますと言われ5年生かしました。

そんなこんなで、いつか私だけのオカメインコ飼うんだって決めて今があります。
だから、粗末に扱われる鳥さんを見るのは辛くてね。
止まり木くらいは私も変えてあげたいわ。
今日、これから、キキをリトルバードに検診
です。

投稿: ぴっころ | 2008年11月29日 (土) 15時19分

ぴっころさん

お母様の友人のオカメちゃん、飼い主さんとお別れしなければならなかったのは辛かったと思うけど、お母様やぴっころさん姉妹に見守られて、幸せな人生を全うしたんだなぁと感動しました。クチバシが伸びてたということは、肝臓だったのかもしれないですね。その時代にも鳥に詳しい先生がいて、本当によかったと思いますclover

ホームセンターのオカメちゃん、今病院に連れて行けば間に合うかな?とか、治らなくても例え一月でも二月でも「生まれてきてよかった」と感じてもらえるようにしてあげられないかな?とかチラッと考えましたが、色々考えると今は例え健康な子であってもお迎えは無理なんですよね。止まり木の件は折を見て取り替えてもらえるように打診してみようかな・・。

キキちゃんの検診は花丸でしたか?うちは先ほど血液検査の結果が出たのですが、懸念していたとおり、あまり良くありませんでした。今かなり凹んでいます・・・。

投稿: みー | 2008年11月30日 (日) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 経過記録(11月12日~19日) | トップページ | 経過記録(11月20日~26日) »