« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月29日 (月)

すっきりしないけど・・・

Photo

ウンPに未消化の粟粒が出て2週間胃薬を飲んでいたスナフキン。その間は何事もなくほっとしていたのも束の間、薬が切れた翌々日の土曜日の朝、またもや粟粒が一つ・・・。正確にはウンPの横1~2ミリの場所にムキ粟が一粒落ちていたんです。ウンPに入っていたものなのか、偶然そこに落ちていたものなのか、判断しかねましたが一応病院へ。あまりの暑さに遠くまで行くのがためらわれたため、今回は南浦和の方で診てもらいました。

検便の結果は異常なし。でんぷんも脂肪も出ていませんでした。念のため撮ったレントゲンも異常なし。胃は拡張していないし、他の臓器も大丈夫でした。では何故???

先生がおっしゃるに、「消化不良の場合は一粒だけ出るってことはなく、他にも消化されてないでんぷんや脂肪が出る筈なので、便から出てきたのではないのでは?」と。前の2回は確実に便から出たと言い切れるけど、今回は微妙だったので、もしかしたらそうなのかもしれません。でも、ムキ粟なんてそう沢山落ちてる訳じゃないのに、たまたま偶然そこに落ちるかな?って、ややすっきりしませんが、次もしそういうことがあったら実物を持ってくるか、写真に撮ってきてくださいと言われたので、要観察です。

何だか最近病院ばかり行って気がするわgawk杞憂に終わればそれでいいし、大丈夫かなって様子を見てて実は大変だったムーミンの例もあるので、用心するに越したことはありませんけどthink

| | コメント (2)

2009年6月26日 (金)

憧れのジュエリーケース

昨日、ミニトランクを教えてくださった方のところへ、図々しくもまたもやレベル以上のモノを教えてもらいに行ってきましたrun

Photo

憧れのジュエリーケースですshineタイムオーバーで先生に手伝ってもらってしまったところもあるけど、完成することができました。前に先生のブログでこの布が紹介されていたので、狙っていたのですよsmileドイツコットンだそうです。本当に先生は素敵な布を沢山お持ちなので、選ぶのも楽しいんですよ。しかし、これにあわせる布がなかなか決められなくて、ブラウンの布は選んでもらっちゃいました。これがまた正解scissors自己満足ですが、とっても気に入っています。

Photo_2

開くとこんな感じ。つまみにはグリーンのガラスがはめ込んだ四角いチャームと四葉のクローバーのチャームがついています。

Photo_3

フタを開けるとこんな感じ。何を入れようかしらん。

キットを譲っていただいたので、忘れないうちにまた作らなくっちゃdash

| | コメント (4)

2009年6月24日 (水)

オカメインコのマトリョーシカGET!

先週の土曜日、ずっと欲しかったオカメインコのマトリョーシカをGETしてきましたhappy01

このマトリョーシカは北海道の作家さん『めぇめヶ丘』のしをんそうさんがひとつひとつ丁寧に描いて作成されています。鳥好きの間ではちょっと有名かもしれませんね。なので、オークションではなかなかGETできなかったりします。そのしをんそうさんが東京のイベントにマトリョーシカを出展することをブログで知り、行って参りましたrun

お目当ては勿論オカメマト。駅の出口を間違えて、ものすごく遠回りして出遅れてしまい、ちょっぴり焦りましたが、オカメマトちゃんは私を待っててくれましたよ~coldsweats01

Photo

今朝はrainだったので、イマイチ写真が上手く撮れませんでしたsweat02一番大きいコが10cmくらいで一番チビちゃんが3cmくらいかな?何と表現すればよいか分かりませんが、鳥好き人間の心をグッと掴むものがありますshine

Photo_2

一番大きいコの手には粟穂とルチノーちゃん。二番目のコはペットヒーターを持っています。絵の技術は勿論、こういったアイディアにも敬服shine

Photo_3

三番目のコは待っててスタンド、4番目のコはなんと、ネクトンを持っているsign03どうしたらこんなに細かくそれと分かるように描けるのでしょうshine

Photo_4

そして、極めつけはこのチビちゃん。この角度では見えないけど、ちゃんと冠羽もついていますよ~!片足を上げてることで、更に可愛さが倍増している気がしますよね~shine

出口間違えて出遅れたため、もう既にお迎えされて実物を見ることはできませんでしたが、クリスマスバージョン(クリスマスツリー+10体のマトちゃん)もありました。鳥マト以外では、『不思議の国のアリス』『赤ずきんちゃん』『ウェディング』マトちゃんや、大人可愛いうさぎちゃんのお人形も。どれも手が込んでいて、作家さんの作品に対する愛情を感じましたconfident

余談ですが、私はリアル系人形はちょっと苦手です・・・。昔その手の漫画や映画を見すぎたせいかしら。夜になると目が光って動き出したらどうしよう・・って未だに本気で怖くなることも。他の方のブースにそういう系のお人形がありました。本当に動き出しそうな、すばらしい出来でしたw(゚o゚)w

| | コメント (4)

2009年6月18日 (木)

ペレット食へ、いざ!!

スナフキンをペレット食にすることを決意した私。早速小分けのお試しパックを色々買ってみました。一番左は繁殖用でした。失敗・・・gawk

Photo

今までもケイティーのオーガニックとラウディブッシュのメンテナンスフレークは割とマシだったのであげていたのですが、せいぜい全体の食餌量の1~2割しか食べてなかったのよねぇ。繁殖用は脂肪分が倍くらいあるので、勿論もう買いませんが、やっぱり食いつきよいのかしらん?とちょっと興味があったので、もう一種類とともに放鳥時間にあげてみると・・・・・

Photo_2

一口食べて「いらねぇsign03」と言わんばかりの顔つき。ニンジン食べとりました・・sweat02

その後もこっそり餌箱に入れておきましたが、特に食べてる様子はなし。今現在ちょっと体重少な目なので、無理はできません。シードの量はそのまま+新ペレット追加で体重がUPしてきたらシードを少しづつ減らしていくこととします。こんなんじゃ、いつまで経ってもダメな気がするけどね・・・。

繁殖用のペレットは美味しそうなよい匂いがして、ちょっぴり食べてみたくなりましたshine勿論実行してませんけどcoldsweats01

| | コメント (4)

2009年6月17日 (水)

40周年記念

何が40周年記念かというと、、、私の年齢ですsweat01先月の話ですが、トホホですね・・・。

Photo_2

ダンナからのプレゼント。スウェーデン製ですpresent

40_2

鳥のTシャツと左のカードは妹から、右のバラの刺繍のカードは母からですpresent

他にも色々もらいました。みんなありがとーーheart04

30代は本当に色々ありました。

モモとの出会い&別れ・結婚・退職・新築・オカメsのお迎え etc.

それに比べたら40代は平凡な時代になりそうですが、それでいいのです。心穏やかに平凡に暮らせることこそ最高の幸せ。オカメライフは良くも悪くも充分刺激的ですがsweat02早く平凡な日々をプレゼントして欲しいものですcoldsweats01

| | コメント (0)

2009年6月13日 (土)

2羽を連れて・・・

昨日は再診のムーミンに加え、急遽スナフキンも連れて都内の病院へ・・・。

2羽はキツイこと分かっていたけど、可愛い子のためならエンヤコラですrun

スナフキンは先週も病院へ行ったばかりだったのですが、水曜の夜、便に粟粒がひと粒混じり・・・翌朝一の便にもまたひと粒・・・。元気で食欲もあったけれど、急遽一緒に連れて行きました。

検便の結果は特に異常なし。消化不良もおこしてないとのこと。1月の終わりにも同じことがあり、今回2度目なので「この子は胃が弱い子なのかもしれません。こういう子は積極的にペレットへ移行して行った方がいいと思います」とのこと。3月の下旬に一度吐いたことも含め、そうじゃないかとは思っていたのですが、いささか凹みましたweep2週間分の胃薬をもらい、大丈夫であれば飲みきりでokとのこと。胃の病気には胃がん・腺胃拡張症(PDD)など重篤なものもあるため、またもや思いっきりブルーです・・・。でも今は経過観察するしかないし、私にできることはペレットへの切り替えしかないので、頑張りたいと思います。

この一月、ずっと心配していたムーミンのクチバシのシミ。黒ずんで位置が下に下がって元々クチバシの先が黒かった部分と重なってしまい、分からなくなってしまいました。「ひとつだけならどこかにぶつけたんでしょうね」と先生さらりと・・・。とりあえず外傷性ってことで一件落着ですcoldsweats01みなさま、ご心配をおかけしましたm(_ _)mでも今後もクチバシは気をつけて観察して行きたいと思います。

2羽をtrainで連れて行くのは、想像以上に大変です。途中新宿の雑踏を通過しなければならず、思いっきりぶつかってくる人もいるしpout切符を買うのにお金を出し入れするのも大変bearingキャリーバッグひとつなら胸にかかえて守るのだけど、2つは厳しく随分ガタガタと揺れてしまいました。そのせいか帰宅後、2羽ともいつになくお疲れモードでよく寝ていました。可愛い寝姿を撮影しようと思ったら、起こしちゃった!ごめんよsign04

Photo

Photo_2

| | コメント (2)

2009年6月 8日 (月)

道具箱作成!でも失敗・・・

Photo

Photo_2

お教室に持って行く道具箱を作りました。大きさはティッシュボックスくらいです。

色々失敗だらけですが、勉強になりました。

①カルトンの切り方がヘタ過ぎ!

②無地の布はボロが目立つ!

③角の処理が汚い!

などなど。

ハサミやカッター等入れると結構重くなるので、2.5ミリのカルトンを使用したのですが、全然まっすぐ切れません・・・。切り直してもどうせまた曲がるので、そのまま続行dashしかし組み立てると微妙に隙間ができてたりして、クラフトテープで何とかごまかしましたsweat02

無地の生地ってあまり使ったことがないのですが、ボンドの染みがすっごく目立ちますね・・・。染みができる程ボンドをつけすぎた訳じゃないんですが、別のところに塗ったボンドが何故か跳ねてたりしてcrying

ミニトランクが結構良くできたので、これはイケル!!って思ったのだけど、サイズが大きくなるとボロが目立ちますねぇ。

納得いかないので作りなおそうかと思ったけど、どうせ使ってるうちに汚れたりボロボロになってくるだろうから、気に入らないけど使いますbag

| | コメント (0)

2009年6月 6日 (土)

スナフキンの綿毛とムーミンのクチバシ

最近出番の少なかったスーちゃん。昨日、南浦和の病院へ行ってきましたhospital

特に具合が悪いとかではなかったのですが、数日前に両側の腰の辺りから綿毛が少しはみ出しているのを発見。時々抜けた綿毛がくっついていることがあるので、今回もそう思って取ってあげようとしたらくっついていたのでハッとしました。2日後には取れてしまったのか無くなっていたのですが、爪も伸びてきていたので即予約して病院へ。

先生に診てもらうと、例の綿毛まだありましたdespair普通にしてると見えないんだけどな・・。

結論から言うと、これは原因不明なんだそうです。内臓疾患が原因なこともあるので、クリアにしたいなら血液検査をするしかないとのこと。スナフキンは他に病気の兆候がなく、現在換羽中なので、換羽が終わってヒュルヒュルと伸びてくるようなことがあれば、血液検査をお願いすることにしました。換羽で抜けてそのまま大丈夫になることも多々あるらしいです。

甲状腺を悪くした可能性も、セキセイならありうるそうですが、オカメでこの年齢だとまずないそうです。ヨード不足かとも思いましたが、病院でもらってるビタミン剤の中にヨードは入っているし、極微量の問題なので、何を食べればいいとかも特にないそう。でもヨードは野菜に入っているので、積極的に食べさせたいと思います。

そんなスーちゃんですが、とっても元気ですnote

今朝は風浴びをしました。私が息をフーフー吹きかけてあげるだけですが、体をクネクネさせて非常に面白いですhappy02

Photo

カルトナージュで作ったティッシュボックスを齧られましたcrying

Photo_2

*****************************

ついでにムーミンのクチバシのことを先生にちょこっと聞いてきました。

内臓疾患の出血斑と外傷性の出血斑はどう違うのか???

見た目はそれ程違わないそうです。それに一つだけではどちらとも言えない。そして一旦できてしまったものはそう簡単に消えるものではなく、消えるというよりも新陳代謝とともに位置が下に移動して消滅するのだそうです。これは前にも言われたけど、薄く小さくなりながら移動してゆくものと思っていました。そういう訳で、3週間以上消えなくても別におかしなことではないそうです。お薬も飲んでるのだから、外傷性だと思いますよと言ってくださいました。実際に診察してもらった訳ではないので何とも言えませんが、少し気が楽になったのは確かです。本当に本当に外傷性であって欲しいですthink

090606

それと・・・・・。病院混んでましたsign03今までいつもあんまり患者さんがいなかったので、密かに「大丈夫かなぁ・・」と心配してたのですが。5月のコンパニオンバードに載っていたからかしら???

| | コメント (4)

2009年6月 1日 (月)

微妙ですが・・・

090601

ムーミンのクチバシのシミを発見してから3週間・・・。大きな変化はないように思いますが、若干黒ずみ、範囲が広がったような気がすることから、やはり出血斑かもしれないという思いが強くなってきました。悲しいですが、事実は事実として受け止め、しっかり治療しなければなりません。来週また診てもらってきます。

尿酸の色もよいし、100%肝臓用ペレット食なので、悪化してしまったとしたら何故?という感じですが、5月に入ってお薬の量が減ったことが原因かもしれません。体重もとうとうリミットまで減ってしまったため、またキャリー暮らしに逆戻りしました。

心配なことばかりですが、当鳥全く元気な様子なのがせめてもの救いです。覚悟はしていますが、やっぱり出血斑であって欲しくないと切実に願っています。

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »