« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月29日 (火)

一年を迎えます

ムーミンはとっても怖がりでぶきっちょさんですsweat02

飛ぶのもびっくりする程ヘタくそで、最近やっとぶつからずに着地できるようになりました。いつもカーテンレールの上に着地するのですが、自ら飛んで戻ってくることはできませんsweat02でも、身長157センチの飼い主は背伸びしても届かないのよgawk

困ったヤツですが、可愛いヤツですheart04

1

2

3

4

*******************************

そんなムーミンですが、去年の今頃は命の危険にさらされていました・・・。

ムーミン、頑張って帰ってきてくれてありがとう。

先生、治してくれてありがとう。

ダンナさま、快く治療費を出してくれてありがとう。

スナフキン、私が落ち込まないように歌を歌ってくれてありがとう。

モモ、虹の橋のたもとで追い返してくれてありがとう。

そして、皆様、元気になるよう応援してくれてありがとうございました。

体重はこんなに減ってしまったし、まだまだお薬も必要で、完全復活とは言えませんが、おかげさまで命を取り留めて一年が過ぎようとしています。色々あるけど、何より様子が元気なことが今はとても嬉しいです。これだけ大病をした子なので、今後もまるっきり元気な子として生活していけるかどうかは分かりません。でも、頑張って生きようとしているムーミンを強い気持ちで支え続けていきたいと思います。本鳥は死にかけたことなんて、すっかり忘れてしまったようですがcoldsweats01

| | コメント (2)

2009年9月27日 (日)

丸箱は二度と作るまい

Jpg

少し前の写真です。前回のレッスンの課題は丸箱。事前に先生から「丸箱は難しいですよ」と言われていましたが、本当に難しかったsweat01レッスンの時に作ったのは、やや失敗程度だったんだけど、復習で作ったこれは何故か大失敗の末、ようやく形になった感じgawk

Photo

いやね。見た目はキレイにできたんですよ。レッスンの時よりずっとね。でも、内箱を取り付けるのが上手くいかずに5回くらいやり直して、やっと納得いく仕上がりになりました。よくカルトンがいかれてしまわなかったものだ・・gawk

最初に外箱を作って、内箱はあらかじめ長さを調節したカルトンに布を貼り、くるっとまるく作ったもの(紫色の部分)をかぽっとはめ込むだけのことなんですが、これがなかなかジャストサイズにならんのですimpact微妙に大きいとつなげたところで重なってくしゃっとなるし、小さいとお話になりません(外箱とぴったり貼ることができないから)。カルトンも布もいっぱい無駄にして、「もう二度と丸箱なんて作るものか!」って思いましたpout

でもでも、出来上がってみると、オリーブ柄が丸箱に合っていて、結構可愛いshineまた作ってみたくなりました。あははhappy01

| | コメント (0)

2009年9月24日 (木)

シルバーウィークあれこれ

この5連休は「GW以上の混雑が予想される」とのことでしたので、特にどこにも出かけずに過ごしました。まぁ、我が家の場合はオカメsの事情により、気軽に遠出はいつであってもできないんですけどね・・coldsweats01日曜日にジョイフル本田(関東だけにある巨大なホームセンター)に行っただけでした。

しかし、かなり前から欲しかった、カルトナージュの布を入れるためのチェストをダンナさまがイケアでGETしてきてくれましたhappy01案の定ものすごい混雑で、駐車場に入れず、先にお昼ご飯を食べに行ってから再度行ったら、15分待ちくらいで入れたそうです。翌日かなりの時間をかけて組み立ててもらいました。私は釘一本打ったことがなく、自分じゃ絶対無理だったので、感謝感謝ですheart04

2

奥行きが50cmあるので、結構な存在感です。日本のものだと30~40cmくらいのものばかりだったので、ずっとこれが欲しかったんですよねー。上にも色々飾れます。

3

左のうさこは確か小学生の時にクリスマスプレゼントに買ってもらったものです。色あせていたピンクのリボンを茶色の花柄に新調、ミニトランクをプレゼントしました。アンティークっぽくてちょっといい感じになったような。て、マジでアンティークかも!?右のうさこは高校生くらいのときにぬいぐるみキットで母に作ってもらったものです。ちょっとメタボなうさこかな。

4

それらしく、ちょこっと雑貨も飾ってみたけど、雑誌のようにかっこよく飾るのって難しいthinkリビングはどうしてもお洒落じゃない生活雑貨があったり、オカメsがぶつかったり齧ったりしないよう、ゴチャゴチャ雑貨を飾ったりできないので、これを機にマイ・アトリエはちょっと素敵に模様替えしようかな。

1

ホームセンター内の雑貨屋さんからお迎えしましたchick

| | コメント (0)

2009年9月17日 (木)

オルゴール型の箱

1

スーちゃんの粒便再発以来、すっかり製作意欲を失くしています・・・。でも、本人は頑張ってペレットを食べる努力をしているので、私がしっかりしなきゃいけませんよねthink

このオルゴール型はかなり前のレッスンの復習を今頃になってしたものです。次は正方形で作りたいと思います。見た目は割りとキレイにできましたが、フタ付け失敗しました。フタを閉めても5ミリくらい隙間が空いているsweat01フタ付きのものは難しいです。

2

内側はありがちな組み合わせです。こんなところにも性格が出るのでしょうか?失敗したくなくて冒険ができませんsweat02

| | コメント (0)

2009年9月13日 (日)

粒便確定

Photo

4日にまたも未消化の餌粒が出てしまったスナフキン。その後も7日・8日と出てしまいました。しかも8日はウンPの中に餌粒があったため、これで疑惑から確定へ。胃薬を飲んでいたのに・・・と、かなり凹む。土曜にムーミンの定期通院と一緒にツメ切りに行く予定だったので、早速先生に報告し、色々聞いてきました。

ペレット食へ移行することによって、慢性胃炎→胃潰瘍→胃癌へ発展する可能性は下がるので、まずはペレット食にする。胃癌はセキセイインコに非常に多く、オカメはセキセイ程多くはない。

近々、PDD(繊維拡張症)が血液検査で分かるようになるので、その時期になったら検査してみる。今の時点ではその可能性は低いし、日本ではオカメの報告例はないが、重篤にならずにペレットで管理できている程度のPDDはあるかもしれない。

胃癌もPDDも今現在は完治できない病気です。考えるととてつもなく恐ろしいです。しかし、今できることは将来なるかもしれない病気に恐れおののいていることではなく、そうなってしまう可能性を下げていくこと。すなわち、『完全ペレット食』にすることです。せっかちな私としては一刻も早くペレット食になって欲しい。でもトヤが、、、でも胃の方が心配、、、堂々巡りの末、トヤが下火になってきた先週の火曜日、思い切ってペレット移行再開しました。体重が減るようならば中止すればいいしね。

朝~夕方4時まではペレットしか入れず、4時になったらシードを追加しています。初日は口をつける程度で絶食便まで出てしまい、失敗したかと慌てましたがシードを入れたらガツガツと食べ、体重はむしろ1g増。2日目、3日目・・・と日に日にペレットをポリポリしている時間は増えたのですが、餌箱を覗くとあんまり減っていなくて、シードを入れるとガツガツ食べる日が続いています。でも、結局シードが少し残っているにも関わらず体重がキープできているので、ある程度は食べているのでしょう。

あれこれ考えるととてつもなく落ち込むので、今はペレット移行のことのみ考えることとします。本鳥はいたって元気ですのでご安心くださいclover

| | コメント (6)

2009年9月11日 (金)

秋ですね。。

気がつけば、もう秋ですね。。

ここ数日は爽やかな陽気で助かります。少し前は、気温は低くても湿度は高く、エアコンの除湿機能を使うと寒くなってしまい、大変でした。スーちゃんが発情してまた多尿になってしまうと困るので、気を遣いますthink

我が家のカメラマンは早速、秋を撮影cameraどこにでもあるコスモス畑の風景だけど、デジ一で撮ると素敵に見えますね。そう言えば昔、浜離宮のコスモス畑でデートしましたcoldsweats01今はもう『花より団子』ですが・・・。北海道物産展に行きた~いrestaurant

Dscf1624s

Dscf1651s

Dscf1658s

| | コメント (0)

2009年9月 6日 (日)

健康管理は大事です

1

昨日&今日はよいお天気で、日光浴日和でしたねsun

rainの日はしませんが、cloudの日にも一応紫外線は出ているようなので、日光浴はします。でもやっぱり晴れてるとオカメsの表情も嬉しそうですhappy01

さて、7月に多尿になってしまったスーちゃんですが、3週間程でおさまり、飲水量も2~3gで安定、ウンPに餌粒が出ることもなく、元気に過ごしていましたが、金曜日にまたもやウンPの脇に餌粒がweepこれだけ回を重ねるとやはりウンPの中から出たと認めざるを得ません。そしてコロコロウンPではそのようなことはなく、若干水分過多気味のウンPに限ってそのような症状が出ます。逆にすっごく水分過多の時は症状は見られません。胃薬を飲んでいるのに・・・ちょっとショックでしたがこれはいよいよ完全ペレット食へ移行するしかありません。換羽がまだ続いているので何とも歯がゆいですが、何とか今年中には移行したいものですthinkそして昨日は久々かなりの多尿ウンPが4~5個crying飲水量は4gでした。このまままたしばらく多尿になってしまうのかと考えるとちょっとブルーですdown

ムーミンはムーミンで、やっぱり換羽がまだ終わりません。もう一日中チクチクチクチクしています。元々少ない体重が更に減ってしまい毎度のこととは言え、心配です。ちゃんと食べてるのに、この時期は肥れないのよね・・・。もう100g超なんて言わないから、90g台でいいから増えて欲しいweep退院時112gだったなんて、今となっては夢だったかと思っちゃうgawk

話は変わって、わが身に起こった心配事が無事解決しました。それは40歳の癌検診です。大腸がん・肝炎・乳癌・子宮癌の検診を受けたのですが、乳癌と子宮癌が要精密検査になってしまったのです。精密検査の予約はなかなか取れないし、結果が出るまで子宮癌は一週間でしたが、乳癌は2週間以上待たされました。私の性格から言って当然と言えば当然ですが、最悪のことを考えて一人悶々とする日々・・・。私がどうにかなってしまったらオカメsはどうなるのだろう。こんな手がかかる子達、誰が面倒みてくれるのか。たとえ命が助かったとしても手術や術後の治療には多くの時間を費やさねばならない。命の大切さ、健康でいられることのありがたさを実感した日々でした。

それにしても、6月に検査の申し込みをして、7月の予約しか取れず、結果待ちに2~3週間かかり、8月に精密検査の予約をして、予約がとれるのにまた数週間かかり、最終的に異常なしの結果が分かったのが9月。どこもこんなものなのでしょうか?私の住んでるとこが田舎だからなのか?もしも本当に癌だったとしたら、こんなノロノロしてるうちに進行してしまうのでは?

今まで私はオカメsの健康にはものすごく注意を払っていたけれど、自分のことは後回しにしていました。乳癌は数年前から検診を受けていたけれど、子宮癌は40にして初検診、要精密検査にならなければ子宮体癌の方は検査を受けずに済ませていたと思います。けれど、自分が健康でいなければこの子達を守っていくことは当然できません。将来訪れるだろう親の介護もできなくなるし、家族にも迷惑をかけます。そんな当たり前のことに気付かずに『明日が来るのは当たり前』『自分だけは大丈夫』なんて考えていた自分は大馬鹿者でした。癌検診は私の住む地域では2年に一度だそうですが、必ず毎年受けます!特に婦人科検診は敬遠されがちで子宮癌検診を受けている人の割合は日本ではものすごく少ないらしいけど、一度受けてしまえば全然大丈夫goodみなさま、大事な子達のためにも、健康管理はしっかりしましょうね!!

| | コメント (0)

2009年9月 4日 (金)

MDケース再び完成!&憧れのキャスの布

1

前回失敗したMDケース、今度は見事成功しましたhappy01

マグホックの位置もぴったりで開閉し易いの何のcoldsweats01そりゃ、よくよく見たらちょっとした失敗はあるけれど、今の私の実力ではこんなものでしょう。何より今までで一番キレイに布が貼れた気がしますshine主人へのプレゼントなので、甘すぎないすっきりとした印象の生地に黒の本革の持ち手をつけました。

2

内側が全部グレーだと暗くなってしまうので、内箱の側面だけをグレーの布にしました。ついでに若干大きかった奥行きの寸法を2ミリ縮めたことで、MDのサイズにピッタリです。

この布、ペン先とインクボトル柄なのですが、結構お気に入りです。近所の手芸屋さんのセールで半額になっていて、1m600円くらいでした。グレーの布も20%OFFで1m600円くらいだったかな。これとは裏腹に、ついにとってもとっても高価な布を買ってしまいましたsign03

Photo

かの有名なキャスですshineずっと憧れていた布なのですが、自分はまだそんな高価な布を使うようなレベルじゃないし、リーズナブルな布でも素敵に作れるようになるのが理想なので、手を出さなかったのです。しかし、この柄のオイルコーティングしたバッグの実物を見て、やっぱり欲しくなってしまって・・・。1m、7200円もしたので、ここぞという時に大切に大切に使うことにしますconfident

なんだか布が増えてきてしまいました。布や副資材を入れるチェストが欲しくてたまらないのだけど、私の欲しい大きめなサイズでちょっとよさそうなのはすっごく高い!イケアで売ってるのが断然安くて前々から欲しいなぁと思ってるのだけど、買いに行く時間がなかなかなくて・・・。通販だと別会社が28000円のを40000円以上で売っていて、びっくりですcoldsweats02プラス送料もかかるしね。同じものを1万円以上も高く、絶対買いたくないわよねgawk

| | コメント (2)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »