« 血液検査の値 | トップページ | 熱唱♪ »

2010年1月13日 (水)

足が痛い・・・。

Photo

先週の日曜日、ムーミンの通院日だったので、スナフキンも爪切りに同行しました。スナフキンは夏くらいから時々未消化便をするようになり、胃が弱いことが分かっています。今現在は完全ペレット食&胃薬で問題なく過ごしていますが、根本的に胃が治った訳ではありません(シードは一切あげてないから分からないんだけど)。

今回の診察で「問題は抱えているけどペレットで調子がよいようなら、薬を止めてみるか、予防のために飲み続けるか」と聞かれました。心配性の飼い主は勿論「予防のために飲み続ける」を選択。前にも書きましたが、オカメインコの胃に問題を引き起こす病気としてPDD(腺胃拡張症)という根本的な治療のない深刻な病気があります。今現在は生前に検査する方法はないのですが、あと少し(と言っても数年?)で血液検査で可能になるだろうという話は聞いていたのですが、ここにきて試験的な検査がどうやら始まっているようです。「試験的な検査なので結果が出せるかどうかは期待しないでください」と言われましたが、検体(血液・スワブ・便)を提出してきました。少しでも何か分かれば・・・と何のためらいもありませんでした。

しかし・・・。爪からの採血をした直後からスーちゃん、とても痛がってるんですけど。「2~3日は痛がるかもしれません」とは言われたけれど、あまりにしょんぼりしている・・・。足を上げてずっと寝ていて、動かない。今まですこぶるよかったペレットへの食いつきも悪いです。勿論歌も歌わないし、声もあまり出さず。幸い夜になるとペレットは食べていたので体重は落ちていませんが、さすがに心配になって病院へ電話をしました。「ご飯を食べないようであれば連れてきて」と言われたので、一応予約を取りました。

そして今朝。歌こそは歌わないけど、昨日より元気そう。朝からご飯も食べていたので病院の方はキャンセルしました。ふたりのお世話を終えて掃除機をかけはじめると、かすかに歌声が!ミッキーマウスマーチです!!スーちゃんが歌っているshine足はまだ痛そうで片足立ちで歌ってるけど、少しは元気が出てきた証拠です。まだ本調子ではないけれど、痛みは引いてきているってことですよね?

検査に対しては今まで大賛成でした。今でも賛成ですが、爪からの採血はちょっと考えてしまいます・・・。首の血管からの採血を何度もしたムーミンはノープレグレムだったので、上手な先生なら首の方が痛みが残らずによいのかも。結果が出せるかどうかも分からない検査ならやらなきゃよかったと、ちょっと後悔もしました。でも、やっぱり検査はやった方がいいよね。スーちゃん、痛い思いさせてごめんね。早く元気120%のスーちゃんに戻ってねclover

|

« 血液検査の値 | トップページ | 熱唱♪ »

コメント

みーさん こんにちは
スナフキンちゃん あんよ検査で痛くなっちゃったんですね
検査は大切だけれどあまり負担が大きいと本当に心配になっちゃいますよね...
以前、まろんがバリュームの検査をした時もちょっと考えさせられました
でも手遅れにならないためにも検査は本当に大切なのだと今回の事があって身にしみました
スナフキンちゃんもみーさんのお気持ちを分かってると思います
因みにまろんがPDDの疑いで入院して治療をおこなったのは3年前でそれから鳥の医療は劇的に進歩していると思うのでご参考にならないかもしれませんが少しだけ...
まろんはメロキシカムという非ステロイド性の消炎・鎮痛剤 を3カ月服用しました
本来、3か月で終わるものではなく一生飲み続けるように指導されていました
それをまろんの状態をみながら先生に無理をいって3か月で止めてみたのです
その時の判断が正しかったのか今でも時々考えますが、それでも経口投与を一生しなければいけないことを考えたら止めてみて良かったのだと後悔はありません
疑い...だったので...
スナフキンちゃんはきっと大丈夫!
まろんの先生いわく、鳥さんは未消化が結構多いらしいです
みーさんも元気出してくださいね


投稿: colorko | 2010年1月14日 (木) 15時21分

colorkoさん

こんにちは。PDDの情報、ありがとうございます!

日本ではまだ少ないせいか、検索しても全然出てこないので、大変参考になりました。「日本では統計がとれていないけれど、海外ではオカメでも時々ある。ただ、大型の子ほど症状は深刻ではない。」と、まあ、漠然とした不安を抱かせるようなお話で・・・。セカンドの方の病院でレントゲンを撮った時には異常なしで、オカメにPDDの子なんて殆どいないようなことをおっしゃってました。獣医さんの間でも、まだよく分かっていない病気ってことですよねthink

それにしても・・・バリウムなんて、人間だってかなり辛いのに、まろんちゃん頑張りましたね!一生経口投与というのにも驚きました。3ヶ月続けただけでも、colorkoさん偉いですよ~!胃にストレスは大敵なのに、そんなことしたらかえってストレスで悪くしちゃいそうな気がしますよね・・。稀な病気に平凡なわが子がかかるとは思いたくないですが、第1号になってしまう可能性も全くない訳ではないので、やっぱり心配ですweep

お母様もまろんちゃんも、そしてcolorkoさんも、想像していた以上に大変だったようで、早くすべてがよい方に解決して、新しい素敵なお家でスタートを切れるよう、願っております。。

投稿: みー | 2010年1月15日 (金) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 血液検査の値 | トップページ | 熱唱♪ »